初期〜中期 削って詰めるむし歯治療
冷たいものがしみる程度の比較的軽いむし歯の場合には、むし歯に侵された部分を取り除き、セラミック(陶器)やプラスチック、金属を詰める治療を行います。

●セラミック(陶器)
材料の強度的問題があり、歯を削る量は増えますが、色もよく見た目は最も優れています。

●レジン(プラスチック)
変色や収縮などの変形があるため、詰める場所によっては詰め替え時期は早いかもしれませんが、色も良く、早く仕上がり安価、削る量も少量ですみます。

●金属
色は良くありませんが、強度、変形、かみ心地などに優れています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索