入れ歯のお手入れ入れ歯にも歯垢(プラーク)が付着し、口臭や口内炎などの原因になります。入れ歯を長く快適に使っていただくために、ご家庭で最低でも1日に1回は入れ歯用の歯ブラシで洗浄してください。特に部分入れ歯の場合、入れ歯を清潔に保つことは残っている歯のむし歯や歯周病予防にもつながります。

また入れ歯のつけ心地や使い心地は、その日の体調でも変化するくらい微妙なものです。長期間経過すると、患者さんの口の中の状態も変化が生じますし、入れ歯も使用し続けていることで劣化していきます。良質の素材を使用しているので、こまめに来院される必要はありませんが、良いコンディションで長期に使用していただくために、3~6ヶ月に1度ぐらいの頻度で調整することが大切です。

入れ歯のお手入れ当院では3〜6ヶ月に1度、長くても1年に1回は、メンテナンスで来院し、調整させていただけるようにお伝えしています。また部分入れ歯の場合、残っている歯が歯周病やむし歯にならないことも重要です。当院では、入れ歯のチェックだけでなく、残っている歯の検診やケアもていねいに行います。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索