快適で高機能な入れ歯精密な入れ歯は良い入れ歯というイメージがありますが、精密に型どりをして精密に作った入れ歯が果たして良い入れ歯かどうかは疑問です。口の中の環境は、歯という硬い組織と、粘膜という柔らかい組織でできています。さらに発音や食事をする上で、これらが調和を保って動いています。一つの場面だけを切り取って精密に作っても、うまくいくわけではないのです。

当然のこととして精密性にはこだわった上で、「歯ぐきがはれぼったい」「硬い」「きつい感じが好み」「ゆるい感じが好み」といった患者さんの特徴をざっくり捉え、そこに科学的な分析を加えて入れ歯作りに生かすのが院長の特徴です。当院でご提供する部分入れ歯や総入れ歯は、患者さんに本当に満足していただけるように、院長が20年の研究成果と臨床経験との中から編み出した、オリジナリティがあり高機能で快適な入れ歯です。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索