歯科技工士常駐患者さんの口の中に装着する被せ物、詰め物、入れ歯などを作る歯科技工士は、入れ歯治療では特に大きな役割を果たします。当院では、入れ歯専門歯科技工士が常駐していることにより、綿密な打ち合わせを行いながら、入れ歯などの技工物を院内で作成しています。(ジルコニアなど特殊な技工は、その分野を専門とする歯科技工士に依頼します。)

また歯科医師は、治療する立場、患者さんのお口の中主体で考えますが、歯科技工士は製作する立場から、技工物や模型などの「物」からの視点で治療を考えます。異なる視点から一つの治療を考えていくことで、真にクオリティの高い入れ歯を作ることができるのです。

審美性や満足度の高い入れ歯を作るために
また患者さんの要望が伝わりやすく、直接お口の状態や歯の色などのチェックを行えるため、より精密な入れ歯を作ることができます。特に審美的なご要望が高い場合、患者さんのご希望や顔立ちなどを的確に把握し、正確に美しく作ることができます。また患者さんや歯科医師とのコミュニケーションが密にとれることで無駄を省くことができるため、歯科技工費を抑えたり、製作期間を短縮することもできます。

さらに入れ歯が割れたり、ヒビが入ったり、不具合が起きた場合でも、医師と連携しながら速やかに対応することができます。メンテナンスの際、黄ばんだ場合の研磨も綺麗に仕上がり、入れ歯や被せ物の調整も行います。当院は、歯科技工士常駐のメリットを最大限に活かした入れ歯治療をご提供しています。

「入れ歯専門の技工士の視点」についてはこちら

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索