部分入れ歯の可能性を追求。悪い歯も抜かずに入れ歯を作ります

歯を抜かない入れ歯

従来、一部の歯をなくし、残っている歯がグラグラしている場合は、すべて抜いて総入れ歯にすることが勧められてきました。しかし、どうしても抜きたくないと言われる患者さんが多くいらっしゃいます。

当院では、歯を抜かずに部分入れ歯を入れて、入れ歯に慣れていただくことができます。そこから調整を始め、歯が自然に抜けてしまったり、歯ぐきが腫れて抜かざるを得ないようになった時も、新しく作り変えるのではなく、使い慣れた部分入れ歯に歯を追加します。こうすることにより、最終的には総入れ歯になるとしても、大切な歯を残しながら少しずつ入れ歯に慣れることができ、快適に過ごしていただけます。

歯を削らない、歯を抜かない入れ歯をお勧めする理由

歯を抜かない入れ歯グラグラしていても患者さんにとっては大切な歯であり、その歯を抜くとバランスがくずれてうまくかめなくなることもあります。また、歯を少しでも削ったり抜いたりすると、もう元には戻りません。

当院では、そのまま部分入れ歯を作って試すことをお勧めしています。入れ歯になじめなければ、治療する前の状態にいつでも戻ることができ、また別のタイプの入れ歯を試すこともでき、患者さんの反応や感想を正しく判断することによって最適な治療法が見つかる可能性が高まるからです。1本の歯でも、削ったり抜いたりすることによって、患者さんの人生が変わるということを肝に銘じ、出来る限り歯を削らない、抜かない治療に力を入れています。

部分入れ歯の場合、入れ歯をとめるために歯を削らないといけないと歯医者さんに言われたというご経験もあるかと思いますが、今では、まったく歯を削らないで、しっかりした入れ歯を作る技術があります。健康な歯を削ることは、将来的にリスクも高くなりますので、歯を削らないで作る入れ歯をおすすめします。

歯の根が残っている場合には、差し歯にも対応

差し歯差し歯は誤解されやすい歯科用語で、明確な定義がありませんが、当院では歯の根だけが残っているときに、その上に作る治療を差し歯としています。具体的には、神経を取り除く処置をした歯に、芯となる金属またはプラスチックの土台(コア)を立てて補強し、さらにその上に人工の歯(クラウン)を被せます。

外れないこと、歯周病になりにくいこと、くり返し作り直せること、見た目の良さとかみ心地があることを重視している点が特徴です。ただし歯の一部がない場合や残っている歯が割れていたり、充分な長さが残っていない場合、むし歯がひどい場合は、差し歯にはできません。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索