世界最小クラスの入れ歯「せきとデンチャー」

ディアレストの他にも、主に、奥歯の歯と歯の間で、歯が1~2本抜けている人のための入れ歯として「せきとデンチャー」をご用意しています。

こんな患者さんにおすすめします。
・健康な前後の歯を削ってまでブリッジにしたくない人
・ごく普通のばねや引っかけで作られた入れ歯が嫌な人
・歯を削ったりしないで、そのままの状態で入れ歯を試してみたい人

せきとデンチャーせきとデンチャーせきとデンチャー

メリット
・とても小さく、内側(舌側)に何もないので、入れた感じはほぼブリッジに近い。
・見た目がいい。
・前後の歯に負担がかかりにくい。
・バネのような引っかけ(クラスプ)の締め付け感がない。
・食べ物が詰まりにくい。
・歯が1~2本抜けている場合の入れ歯

メリットメリットメリット

デメリット
・着脱に慣れが必要である。
・ゆるんできたら、調整する必要がある
・すべての症例にできるわけではない。
・思い切り食べ物を強くかみたい人には向かない。

来院回数
・最短1回。おすすめは3回。
・歯の診断・型どりに1回、セットに1回、調整に1回 を当医院ではおすすめします。

料金
・1つ 10万円(消費税別)。

★一度お作りして、使用していく中で変化がありましたら、3か月間は、調整あるいは作り直しを無料で行いますので、初診料と10万円(消費税別)という料金内で安心して作れます。
 
なんと言ってもこの入れ歯の最大の特徴は、内側(舌側)に何もないことです。ですので、口の中がとてもスッキリして、入れ歯を入れている感覚が、ほとんどありません。(世の中に出ている入れ歯の中で一番、内側がスッキリしています。)

そして、おそらく世界最小・最軽量だと言えます。この入れ歯を入れたら、もう他の入れ歯は異物感が強くて、入れられない入れ歯です。

★『せきとデンチャー』取り扱い歯科医院を募集しています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索