院長あいさつ

院長あいさつ

こんにちは。
プライベート歯科横濱院長の脇田一慶です。

研究者の視点から取り組んできた独自の入れ歯治療で、多くの皆さまにかむ喜びを取り戻し、質の高い人生を送っていただきたいと考えています。

より広く、入れ歯にお困りの皆さまのお役に立つために首都圏、横浜へ

私は、大学院で分子生物学の研究に携わった後、保険診療中心の歯科医院勤務を経て、大阪の自由診療(入れ歯専門)の歯科医院で診療に携わり、そこで歯科技工士の関戸伸幸氏と知り合いました。その歯科医院には入れ歯について首都圏からの問い合わせも多く、全国に入れ歯でお困りの患者さんが多いことを痛感しました。

そこで、開業するならば縁のない土地でゼロからスタートをしたいと考えていた私は、首都圏で新たなチャレンジをしようと決意し、関戸氏の協力を得て、横浜でこのクリニックを開業することにしたのです。

医療に対するプライドと研究者としての見識を大切に

院長あいさつ入れ歯治療は、歯科治療の多様な診療技術が盛り込まれた、いわば歯科治療の真髄ともいうべき分野です。私は、研究者として入れ歯や歯科治療について知り尽くしていると自負し、将来を見据えた価値のある入れ歯治療に取り組み、現在も日々研鑽し学び続け、常に最善の治療をご提供できるように努力しています。

その結果、多くの方がリピーターとして長くお付き合いをしてくださり、また医師や医療関係者の患者さんが多く来院されるようになりました。医療の専門家をはじめ多くの皆さまに私の治療を理解していただき、信頼していただいていることを嬉しく思うと同時に、重い責任を感じつつ、日々の診療に真摯に取り組んでいます。

より多くの患者さんとご家族のよりよい人生に貢献するために

私は、患者さん一人ひとりと真摯に向き合うホスピタリティの精神も大切にしています。
歯科治療、特に入れ歯治療は、一人の患者さんに気持ちよく治療を受けていただくために、歯科医師を中心にして歯科技工士や歯科衛生士が一体となって取り組んでいくチームワークが大切です。そして、スタッフには常に患者さんの味方であってほしいと伝えています。リーダーシップを発揮することを重視しつつ、スタッフの意見も尊重し、ひとりよがりの治療にならないように心がけています。

私の願いは、何よりも患者さんが当院の歯科治療に満足され、入れ歯によって健やかな毎日を取り戻されることです。入れ歯が必要になる患者さんの多くは、年齢を積み重ねた皆さまです。仕事や家庭で活躍されてきた皆さまが、これからもいきいきと充実した毎日を楽しみ、実り多い人生を送っていただけるように、これからも努力を惜しまず歩んで参りたいと思います。

院長はこんな人

院長あいさつプライベート歯科横濱 院長 脇田 一慶

【経歴】
広島県呉市生まれ
1995年 広島大学歯学部卒業
1998年 同大学大学院単位修得卒業(飛び級卒業) 博士号(歯学) 取得
     同大学文部教官助手
2001年 保険診療中心の歯科医院に勤務
2003年 自由診療専門の歯科医院に院長として勤務
2006年 プライベート歯科横濱開業
2009年 神奈川歯科大学非常勤講師

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索