目次一覧へ
3本歯がない症例も、たくさんの症例が考えられますが、そのいくつかの症例につきまして、くわしく述べたいと思います。
 歯が3本抜けている状態というのは、その歯の抜けた位置によって、入れ歯の作りやすさは、かなり差があります。つまり、使いやすい良い入れ歯になるかどうかは、歯の抜け方によるということです。1本や2本歯が抜けている状態よりも異物感は大きく増えますが、症例によっては、他の歯を守る役割をする入れ歯になりますので、入れ歯としての安定感は良くなる場合もございます。

≪抜けた3本が3本とも離れている症例≫
 これが入れ歯としては一番安定しやすい症例です。一例として、前歯1本と奥歯左右1本ずつ抜けている症例についてお話します。

●前歯1本と奥歯左右1本ずつ抜けている症例
 上であっても下であっても、この症例の場合には抜けている歯の間に何本かの健康な歯がありますので、その歯に負担をかける形になりますが、比較的しっかりと入れ歯はとまるかと思います。
 作り手としては、抜けた部分が3カ所もあるので難しい入れ歯作りになりますが、使われる患者さんからすると、3カ所も入れ歯を止める部分があるので、しっかりとした入れ歯になり、食べ物もよくかめるでしょうし、残っている歯を全体的に守る働きもします。
 大切な点は、かみ合わせの調整で、かむたびに入れ歯がカタカタ動くようでは、他の歯に負担をかけることにもなりますし、人に見られた場合にもおかしいので、特に奥歯の調整をしっかりと行い、入れ歯のかたつきがないようにしなくてはいけません。そして前歯の部分は見た目が大切ですから、バネみたいなひっかけるものはつけないで入れ歯を作る必要があります。
 この入れ歯で問題なのは、ほぼ口の中全体にわたる大きさの入れ歯になりますので、異物感に耐えられるかどうかという点です。入れ歯の異物感に関しましては、上か下かどちらかが苦手な患者さんが多いです。どちらとも異物感がない人も、あるいは上も下もダメな患者さんもいますが、多くは上下のどちらかが苦手というタイプが多いです。
 それで苦手なケースの場合にはできるだけ入れ歯を薄く細く作ると、異物感がかなり少なくなります。一番異物感が少なくなるのは金属製の入れ歯になります。これは高価なこともありますので、いきなり金属で作るのではなく、プラスティックの入れ歯で何か問題があった場合に作られたらいいかと思います。



◀前ページ l 次ページ▶
        「 抜けた2本が並んでいる症例 」  「 抜けた3本が、1本と2本に分かれている症例 」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索