目次一覧へ
 この症例も、さまざまな組み合わせが考えられますが、2つほどの症例でご説明いたします。

●前歯2カ所、左右奥歯に1カ所ずつ抜けている症例
 前歯の部分に関しましては、見た目を最優先して歯を並べるという点が大切です。そして奥歯は1本ずつ抜けて左右のバランスがいいので、かみ合わせの調整もやりやすいですし、入れ歯としてはかなり良い状態で使用することができると思います。入れ歯に向いた歯の抜け方というと失礼ですが、技工士からの視点で言いますと、入れ歯が成功しやすい症例であると思います

●前歯1カ所、右奥歯に1カ所、左奥歯に2カ所抜けている症例
 こちらは少し左右の奥歯のバランスが崩れてはいますが、かみ合わせの調整さえきちんと行えば、非常に使いやすい入れ歯になると言えます。
 飛び石のような状態で4カ所歯が抜けている入れ歯というのは、入れ歯を口の中に入るように作るのが本来難しいのですが、逆にいいますと、口の中にいったん入ったら、非常に安定した入れ歯になるということです。入れにくいからこそ、はずれにくいのです。上下左右にギシギシとかみ合わせても、入れ歯が動揺することは非常に少ないと思います。
総入れ歯などは、歯ぐきの上に吸盤のようにくっついているか、下の入れ歯は歯ぐきに乗っているだけという状態ですが、4カ所も歯のすき間部分があるこのような入れ歯は、入れ歯としてはあまり心配なく成功する入れ歯だと言えます。残っている歯を今後大切にしていかれたら、そのまま快適な入れ歯生活を送れるでしょう。
 異物感が耐えられないと言われる患者さんもいらっしゃいますが、その場合には金属製の入れ歯に変えて、究極的に「薄く」「軽く」「細く」して作り直せば、かなり異物感は解消されると思います。患者さんによって異物感を感じる部分はそれぞれ違いますので、どこをどうすれば満足されるのか?は、時間をかけて何度も調整を繰り返しながら、最善の入れ歯のデザインを見つけていく以外にないと思います。金属製の入れ歯では簡単に削ったり追加したりできないので、はじめはプラスティックの入れ歯で限界まで調整を行ってみて、最終的に最も良いデザイン・設計で金属製の入れ歯にすれば、さらにより良い入れ歯になると思います。



◀前ページ l 次ページ▶
              「 抜けた4本が、  「 抜けた5~8本が、連続して並んでいる症例 」
2本ずつ2カ所に分かれている症例 」                   

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索