目次一覧へ
 歯が1本残っている症例というのは、残っている位置や歯の状態によって、作りやすい入れ歯の場合もありますし、逆に少し作りにくい場合もあります。

 奥歯にしっかりした歯がきれいに残っている場合には、かみ合わせの高さの基準にもなりますし、入れ歯を安定させる役割もしますので、歯が1本もない状態よりも作りやすいと言えます。
 反対に、前歯に1本残っている場合であるとか、歯が斜めに曲がってたり、上に伸びて生えている場合には、他の歯が並べにくくなりますので、入れ歯を作るうえで難しくなってきます。

 また残っている1本の歯が弱っていたりする時には、これ以上弱らせないためにも、歯を木の切り株のように短くして、歯として利用するのではなく入れ歯を止める装置として使ったほうが良い場合があります。
 その方が長い間歯も残って、入れ歯を固定する役割にもなるケースは多々あります。そうすると、総入れ歯の状態になるのですが、こちらの方が歯並びも自由に並べられて、かみ合わせも調整しやすいので、メリットはたくさんあります。
 ただ、患者さんご本人が1本でも歯を抜きたくなければ、やはり抜くべきではないですし、抜かない形で何とか工夫して入れ歯を作って使っていただくしかありません。



◀前ページ l 次ページ▶
「 左右に抜けた5~8本が、  「 歯が2本残った入れ歯 」
2カ所に分かれている症例 」               

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索