目次一覧へ
 食べ物をかんだ時に痛みがある入れ歯の原因は、まず単純に上下のかみ合わせが悪いことだと思います。
 かみ合わせを調べてもらって、どこか一部が強く当たっているようでしたら、そこを少し落とすだけで痛みもなくなり、かみ合わせ自体も前より楽にかめると思います。

 そうではなく、かみ合わせに全く問題ないのにまだ痛みがあるようでしたら、それは歯ぐきに問題があるか残っている歯が原因だと考えられます。レントゲン等を撮影してもらって詳しく調べていただくのがいいかと思います。
 時に、それらも問題のないのに痛いと言う患者さんがいらっしゃいます。これは困ったことなのですが、院長は歯がある場合には知覚過敏の可能性があると言われたり、ない場合には神経的な痛みと言われることもありました。

 また下の入れ歯で歯ぐきの山がすごい少ない患者さんの場合に、神経が出てくるオトガイ口という部分があるのですが、ここが圧迫されて痛い場合があるようです。
 これらのような分野は技工士では全くわからない、手におえない症状なので、ドクターの判断にゆだねる以外にありません。

 痛みというのは、特殊なものだなというのは、いろいろな患者さんのお話を聞いているとつくづくそう思います。特に神経的な痛みというのは、脳が覚えているようで、入れ歯は全く触れていなくてもずっと痛いと言われます。入れ歯をする前からか、あるいは以前の入れ歯の痛みが脳に残っているのでしょうか。不思議なものだと思いました。



◀前ページ l 次ページ▶
       「 舌や頬を何度もかむ入れ歯 」  「 長年使ってかみ合わせが低くなった入れ歯は
            どうすればいいか 」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索