目次一覧へ
 入れ歯を入れ始めたら、なんだか歯ぐきが荒れてきたという人がごくまれにいらっしゃいます。
 入れ歯の土台の材料に使っているレジンというプラスチックに対するアレルギーのある方です。入れ歯の一部分だけでなく、入れ歯を入れているところ全体的に歯ぐきに炎症が起こっているような場合にこのようなアレルギーが考えられるかと思います。

 この場合には入れ歯はすぐにはずしていただき、皮膚科でパッチテストなど検査をしていただいてから、レジンに対してアレルギーがあればレジンを使わない方法を考えるか、入れ歯は無理と判断してその他の治療を行うかを検討することになると思います。

 あるいは、レジンにアレルギーがあるのではなく、歯ぐきの一部分だけ荒れているという人もいます。レジンは化学物質であり、粉と液を混ぜて固めるのですが、その液はシンナーのような臭いのする物質で、直接皮膚にふれると少し荒れるくらいきつい材料です。

 このレジンの液が少し量が多いかしっかりと固まっていないために、入れ歯から溶け出して歯ぐきに炎症を与えてしまっている場合も考えられます。
 これは歯科技工の作業が良くないために起こる現象ですから、われわれ歯科技工士はくれぐれもこのようなことがないように注意して作業をしなくてはなりません。

 通法を守って作れば全く問題が起こらないのですが、急いで1日で入れ歯を作ったり、忙しさにかまけてレジンの液の計量を正確に行わなかった場合などには、生じてしまうかもしれません。
 入れ歯は丁寧に正確にじっくり時間をかけて製作するのが基本であります。



◀前ページ l 次ページ▶「入れ歯は自分の歯ぐらいかめるか、
どれくらいかめるか」
 「痛くても入れ歯を我慢する人」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索