目次一覧へ
 歯が抜けたまま何年も過ごしていたり、合わない入れ歯で生活してきた患者さんの場合に、歯ぐきが減ってしまって、大きくやせている歯ぐきの方がいらっしゃいます。
 このような患者さんは、入れ歯を作るうえでは、非常に難しい状態であると言えます。
 健康な歯がまだ残っている人であれば、それらの歯を利用して入れ歯は比較的楽に作れますが、歯が全くない総入れ歯の患者さんの場合には、入れ歯を作った後も相当な調整と慣れる期間が必要になってくるかと思われます。

 ただ、歯ぐきがやせていたとしても、しっかりした強い歯ぐきでかみ合わせが安定している場合には、多少入れ歯は動きやすいでしょうが、充分かめて使える入れ歯になるかと思います。
 やせてしまった歯ぐきの山は、再び盛り上がってくるということは残念ながらないのですが、そのマイナスを補うさまざまな機能を入れ歯に与えて、できる限り丁寧なかみ合わせの調整と、それ以上はやせないように歯ぐきの管理を定期的にしっかり行っていくことが第一だと思います。

 歯ぐきの山のない人の中には、インプラントを植えて、そこに入れ歯を入れようかと考える人もいるかと思います。最近のインプラントは骨を追加して植えることもできるといいますが、基本的にはそんな簡単にはいかないと思っていたほうがいいかと思います。
 失った歯ぐきは残念ではあるのですが、とにかく入れ歯でなんとか過ごす方法をまず考えるのが最初の手段だと思います。

 また、歯ぐきがやせていると自分で思っているだけで、われわれから見ると、実はそんなにやせていない患者さんは結構いらっしゃいます。
 勝手に歯ぐきがやせているから入れ歯は無理だと勘違いしている人もたまにいます。そのような方の場合には、ご自身で判断されないで、一度専門的なところに診てもらってほしいと思います。
 自分で思っているよりもわれわれ専門家の見立てで十分に入れ歯が作れるかどうかわかりますので、思い切って訪ねていただきたいと思います。意外にスムーズに入れ歯が使えるようになるかもしれません。



◀前ページ l 次ページ▶「ぶよぶよのコンニャクのような歯ぐきの人」 「歯ぐきとすき間のある入れ歯」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索