目次一覧へ
 入れ歯で食べ物を飲み込む時に、飲み込みにくいとおっしゃる患者さんがたまにいらっしゃいます。
 その原因の多くは、上の入れ歯の天井の部分(口蓋と言います)のプラスチックが分厚いか、長いかのどちらかだと思います。
 入れ歯を作るうえで、できるだけ飲み込みしやすいように、長さも考えて薄く作るのですが、実際に口の中に入れてみてはじめて、もっと長さを短くして薄くしなくてはいけなかったということはたまにあります。

 天井部分を改めて、短く薄くすれば問題は解決する場合が多いのですが、それでもダメだと言われる患者さんの場合には、天井部分を思いっきり大きくくり抜くか、あるいはプラスチックの半分以上の薄さの金属をおすすめします。
 くり抜けばくり抜くほど口の中は快適にはなりますが、反対に入れ歯が落ちやすくなります。ギリギリ落ちない程度にくり抜いて使ってもらうというのが一番いいかと思います。

 また、上の入れ歯ではなく、下の入れ歯でも飲み込みにくいとおっしゃる患者さんもいます。
 これは下の入れ歯の一番奥歯のプラスチックの部分が長いか分厚いかというのが原因です。これもプラスチック部分をできるだけ小さく薄くすれば、問題解決になるかと思いますし、金属にすればかなり快適に過ごせるだろうと思います。



◀前ページ l 次ページ▶「パタパタ落ちる上の入れ歯」 「発音しにくい入れ歯」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索