目次一覧へ
 入れ歯を入れた時に、多くの患者さんがしゃべりづらいと言います。今まで何もなかった部分に入れ歯が入ってきますから、異物感もありますし、舌が動かしにくいという印象が強いと思われます。
 発音しにくい原因は、まずこの舌の動きがうまくいかないからというのが第一に考えられます。舌が入れ歯に慣れてくるには、だいたい2週間はかかると思ってください。
 毎日頑張って使っていき、よくしゃべるようにしていきますと、日に日に慣れていくかと思います。しゃべって使い慣れていくというのが、入れ歯で発音しやすくなる一番の方法です。

 しかし、1~2週間使っても、やはり大きく改善しない場合には、入れ歯自体に問題があります。舌が当たる部分のプラスチックが分厚すぎたり、必要以上に長いことが考えられます。患者さんが例えば「たちつてと」がどうしても発音しづらいとおっしゃったならば、その「たちつてと」の発音の時に舌が当たる、奥歯の内側の部分を丁寧に削って調整していくこと大切です。
 発音する言葉によって舌が当たる部分は異なりますし、患者さん個人個人でも微妙な違いがありますので、時間をかけて丁寧に調整していくしかありません。
 プラスチックでどうしてもダメな場合には、最終的にプラスチックから薄い金属へ作り直せば、発音もそれほど問題ないという患者さんがほとんどです。



◀前ページ l 次ページ▶「飲み込みにくい入れ歯」 「入れ歯が分厚い」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索