目次一覧へ
 奥歯は1本でも抜けたら入れ歯を入れるべき、というのが一般的な答えだと思います。
 ただ一番奥の歯1本だけの場合には、作った入れ歯が苦痛で精神的につらいとか、かみ合う歯が全くないとか、特別な状態の場合には、ドクターによる判断で入れ歯はしなくてもそんなに問題ないということもあるかもしれません。

 これは一番奥の歯の場合だけであって、中間の歯や前歯の場合には、必ず何らかの処置をするべきだと思います。入れ歯にかぎらず、ブリッジなども検討されていいのではないかと思います。

 一番奥でも2本歯がない場合にはこれは入れ歯を絶対入れた方がいいと思います。奥歯は歯の中でも一番大きな歯ですから、食べ物をかむだけでなく、左右のバランスの問題もあります。
 残った片方だけで過ごすのではなく、両方である程度均等にかめるようにするのが体にとっても大切ではないかと考えます。

 もし2本の奥歯に入れ歯を入れない場合には、その手前の小臼歯という歯に非常に大きな力が加わります。するとこの歯も悪くなっていく可能性がかなり高まってきます。
 2本抜けただけだったのが、3本、4本と増えれば、入れ歯としては非常に難しい症例になってしまいます。こうなると入れ歯に慣れて使っていくのに相当苦労されると言えます。

 ですから、1本抜けたら一度入れ歯を試してみて、入れ歯がダメならばその手前の歯が悪くならないように毎日きれいに清掃して、これ以上歯が抜けないようにぜひ気をつけてください。反対に入れ歯が大丈夫な人は、入れ歯の大変さもよくご理解いただけると思いますので、この方も、それ以上入れ歯が大きくならないように、入れ歯も手前の歯も毎日きれいに洗ってください。2本になったら2倍以上大変です。1本の入れ歯で済むように、歯のケアを続けてください。



◀前ページ l 次ページ▶「左右2つの入れ歯にするか、
左右がつながった1つの入れ歯にするか」
 「前歯1本抜けている場合の、一番良い治療方法は」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索