目次一覧へ
 歯が抜けたままの状態で長い年月過ごされた患者さんの場合、それまで入れ歯を入れていなかったわけですから、まず入れ歯自体に慣れるということが第一だと思います。
 また抜けたままでしたので、歯ぐきが弱っていたり、舌が抜けた歯の位置まで広がっているような場合もあります。歯ぐきが弱っているならば、入れ歯を作っても最初はあまり強くかめないかもしれませんが、徐々に使い慣れていくにしたがい、歯ぐきも締まってきて段々と固い食べ物でもかめるようになるかと思います。

 また、舌が広がってしまっている人でしたら、本来入れ歯がある位置まで舌が広がっていますから口の中が非常に窮屈(きゅうくつ)に感じられるかと思います。これに慣れるには最低でも2週間~1ヵ月はかかると言えます。
 だんだんと舌も動かしやすくなりますし、舌をかんだりすることも少なくなっていくかと思います。作り手の技工士はできるだけ入れ歯の内側にあたる舌側の土台の部分を削るようにします。すると多少ではありますが、口の中が広く感じられ、食べ物も動かしやすくなりますから、入れ歯も少し使いやすくなります。

 今まで入れてなかった人は、はじめて入れ歯をされるわけですから大変な部分もあるかと思いますが、前向きに取り組んでいただいて、どんどんしゃべって、どんどん食事もしていかれますと、ますます入れ歯に慣れやすくなるかと思います。要は入れ歯を使う練習を毎日行っていくというつもりで頑張っていただきたいのです。



◀前ページ l 次ページ▶「一度に歯を抜くのは問題ないか」 「グラグラの歯のままの人」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索