目次一覧へ
 歯が抜けたところに入れ歯をいれようか、そのまま放っておいてもいいかどうか、悩んでいる人いると思います。
 特に一番奥の歯が1本だけ抜けた人の場合に、それほど問題がないので、長い間そのままにしている人は結構いらっしゃるかもしれません。

一番奥の歯だけが抜けている場合、入れ歯を入れなくても大きな問題はないと考えるドクターと、入れ歯とかみ合っていた歯のために入れるべきだというドクターがいて、意見は2つに分かれると思います。

 抜けた歯とかみ合っていた歯が、入れ歯をいれないでかまなくなるとだんだん伸びてくる(挺出ていしゅつ)ということもありますので、かみ合っていた歯が単独で生えている場合には、入れ歯をいれたほうがいいように思います。
 そして、かみ合っていた歯がない場合や、あるいは、かみ合っていた歯が抜けた歯の手前の歯と少しでもかんでいたらそれほど問題ないかと思いますので、入れ歯はなくてもいいかもしれません。
 ただし、歯が抜けた部分の歯ぐきのことを考えますと、入れ歯を入れないと歯ぐきはどんどん減っていく可能性があります。
 歯ぐきは、入れ歯を入れてしっかりかみ続けていくことで、圧が加わり、歯ぐきの下の骨が減らないで維持されていきます。また入れ歯を使っていくなかで歯ぐき自身も強くなっていくようです。
 もし数年後に手前の歯が悪くなり抜かなくてはならなくなった時には、それまで入れ歯を使っていたので、問題なく2本の入れ歯を快適に使えるようになります。

 反対に入れ歯を入れてこなかった場合には、その部分の歯ぐきは減っているでしょうから、2本の入れ歯の安定度は悪くなります。
 また初めての入れ歯になりますから、慣れるのも大変です。最初に1本の入れ歯で慣れていたら良い面も多くありますので、できれば入れ歯を入れてみるということがまずいいのではないかと思います。
 やってみてどうしても我慢できなければ、やめればいいだけですから。



◀前ページ l 次ページ▶「グラグラの歯のままの人」 「インプラントか、入れ歯か悩んでいる人」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索