目次一覧へ
 歯医者さんにすすめられて、インプラントやろうか、やっぱり怖いから入れ歯にしようか悩んでいるという患者さんは多いです。入れ歯であまりうまくいっていない患者さんの場合に特に多いかと思います。 

 それは単純に自分に合った良い入れ歯に巡り合えていないだけのことなのですが、なかなか長年通っている先生の所から変わることも悪いように思っていらっしゃるのでしょう。
 しかし考えてみれば、長年通っている患者さんに入れ歯がうまくいかないからインプラントをすすめるというのもちょっとおかしなものなのです。

 われわれ歯科の人間からすると、インプラントほど成功させるのに難しいものはないですし、入れ歯がしっかり調整できないのに、インプラントのかみ合わせの調整なんて本当にちゃんとできるものなのか、疑問です。

 入れ歯は取り外しや作り直しができますが、インプラントは一度骨に埋めたら外さないのが基本ですし、歯の部分もセメントでガチガチに固めてしまいますので、全く変更のきかないものであるという考えでいなくてはなりません。
 作ってセットしてからずっとうまく死ぬまで良い状態でいてくれたらいいのですが、何十年も安全に確実に安定しているものなんて体の中で存在するでしょうか。年を重ねれば、人間だれでも体力も体の状態も変わってきます。なのに、インプラントの部分だけ全く変化がないなんていうことはないんじゃないかと思います。

 年を重ねるたびに変化し、その変化に合わせてうまく調整していくのが、毎日の生活でしょうし、口の中も全く同じだと思います。変化に合わせて対応できる入れ歯の方がやはり危険でない分、おすすめではあります。



◀前ページ l 次ページ▶「入れ歯を入れるか、そのまま放置しておくか、
悩んでいる人」
 「ブリッジか、入れ歯か悩んでいる人」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索