目次一覧へ
 たまに、前歯が数本抜けてしまっていても、入れ歯も何も入れていない人を見かけることがあります。入れ歯専門の歯科技工士としましては、非常に残念に思う瞬間であります。

 数本歯が抜けている場合には、前後左右、上下の歯との関係がくずれやすいですから、やはり何らかの処置をされた方がいいかと思います。
 夜に寝ているときでも人間は歯ぎしりなどもするので、残っている歯に非常に負担が強くかかってしまいます。それを防ぐためにも入れ歯などを入れておくと、残った歯を守ることができるのです。

 数本抜けているのにそのままにしておくと、次々と他の歯が揺らされて弱っていき、また抜かなくていけなくなり、総入れ歯になる時が早くなってしまうかもしれません。
 早いうちから入れ歯に慣れるという意味でも、複数の歯が抜けた場合には、まずは入れ歯をお作りすることをおすすめします。

 全体的に歯が弱っている人でも、入れ歯を作って使ってみたら、残っている歯もしっかりした感じがして、前よりもよくかめます、とおっしゃる患者さんは結構います。
 入れ歯の床の部分が弱っている歯を守っているのか、全体的に歯がしっかりするようです。これ以上歯が悪くならないためにも、入れ歯を先入観だけで嫌がらないで使っていただきたいと考えます。



◀前ページ l 次ページ▶「入れ歯の歯並びについて」 「入れ歯の見た目が悪い」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索