目次一覧へ
 入れ歯がどれくらいの年数使えるのか、何年経ったら作り替えなくてはいけないか、というご質問は多くの患者さんからお受けします。

 一概には言えないのですが、プラスチックの入れ歯ならば3年~5年、金属製の入れ歯なら5年以上は問題なく使えるとお答えしています。中には一度作ったら一生使えると思っている患者さんもいますが、たとえ総入れ歯であったとしても一生使えるということはないかと思います。

 プラスチックの入れ歯は、プラスチック自体が樹脂で出来ていまして、水を吸う吸水性があるため、どうしても素材として劣化しやすい材料となります。そのためプラスチックは長期間使うと、変形もしますし、着色もし、汚れも着きます。
 中には10年~20年も1つのプラスチックの入れ歯でずっと過ごされている人もいますが、まず衛生的な面ではあまり良くないと言えますし、機能性の面でもおそらく歯ぐき部分は少し合わなくなっている可能性が高いですし、かみ合わせもすり減っているでしょうから、もう一つ新しく作り替える方がいいのではないかと思います。

 金属製の入れ歯の場合には、金属自体は丈夫で問題ないので、言ってみればずっと使えます。
 ところが、金属製の入れ歯でもプラスチックの部分は多いので、この部分が劣化していき大きな変化があった場合には、プラスチック部分だけの修理をするか、あるいははじめから作り直したほうがいい場合もございます。

 そして、入れ歯を作り替えなくてはいけない一番多い原因は、残っている歯が抜けてしまったり治療をしなくてはいけなくなり、形が変わってしまうことです。つまり、残った他の歯が変化するので入れ歯が合わなくなってしまい新しく入れ歯を作らないといけなくなるのです。で
 すからもしあまり良くない歯が残っている場合には、高価な金属製の入れ歯を最初から作るのではなく、その良くない歯を治療してから最後に金属製の入れ歯を作った方がおすすめです。
 費用を全くきにしないという人は最初から金属でもいいと思いますが、プラスチックでも充分良い入れ歯はありますので、まずそちらで入れ歯に慣れていただき、その後もっと快適な金属製の入れ歯にすればよりいいのではないかと考えます。



◀前ページ l 次ページ▶「ひびが入った入れ歯」 「入れ歯からイヤな臭いがする人」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索