目次一覧へ
 私は入れ歯専門の歯科医院で歯科技工士をしていますので、自分の作った入れ歯がどんな結果になるかを、日々感じることができます。これは歯科技工士としては、非常にありがたい環境で、ドクターや患者さんからの反応を直接目にすることができるのです。

 入れ歯がうまく入ったときはうれしいですし、うまくいかなくて調整が大変なときは、単純に悲しいです。
 現在ではそれほど調整の必要がない入れ歯作りができていると思っていますが、生身の患者さんの口の中にピッタリ合う入れ歯を作るためには、非常に細かい作業が必要になります。
 加えて患者さんの話す言葉にもしっかりと耳をかたむけて、患者さんがどうしてほしいのかをつかまないといけません。
 1人として同じ口の人はいませんから、すべてがオリジナルといいますか、標準サイズというものがない中で、ドクターと患者さんと一緒になって個性的で独特な入れ歯に仕上げていかなくてはならないのです。

 最近では、見た目を強調される患者さんが多いので、気に入った口元の歯並びにするために、何度も歯を並べ替えたり、作り直したりしています。そしてこの歯並びを決める時に、歯科医院で働く歯科技工士として最も力を発揮できます。
 なぜなら、患者さんの口の中に入れたり出したりしながら、何度もチェックして一番見た目の良い歯並びにできるからです。こだわりの強い患者さんの場合には、歯並びに数時間かかり、さらに家に持ち帰っていただいて、数日間じっくり確認してもらったうえで、仕上げることもあります。
 そうして最終的に、患者さんが気に入った見た目の歯並びになり、満足して入れ歯を使用していただけたら、我々としても非常に喜ばしいことです。

 通常、ほとんどの患者さんが歯科技工士のいない歯科医院で入れ歯をお作りになっているかと思います。
 それでもうまくいっている場合もあるかもしれませんが、私は経験上、患者さんの口元を見ないで歯を並べるのは、非常に難しい仕事だと思っています。
 くちびるのふくらみ具合や頬のハリ方、笑ったときのくちびるの上がり方、上下の歯の見え具合、顔全体を見たときの歯並びの印象など、数え上げたらきりがないほど、その患者さんに合った歯並びを見つけるという作業は、奥が深いものです。患者さんを直接何度も見ながら、より良くより美しく修正していくという作業がどうしても必要になってきます。

  例えば、何かの絵を描くときに、実物を目の前にして描くのと、想像で描くのでは、似て非なるものになります。
 歯並びも実物の患者さんを前にして、くちびるや頬、全体のイメージをつかみながら作ることで、美しい歯並びになります。
 また、その他にも入れ歯特有のものとして、異物感という問題があります。
これを解消するためには、まず舌の大きさや動き、頬の形、話している時や噛んでいる時の動かしている動作まで見て予測して調整しないと、うまくいかないと思います。

 技工士が、口の型だけを見て、それ以外の情報は何もないという状況で、想像して作るなんて不可能です。
 人は頬や舌なども当然1人1人違いますので、平均的に作っても異物感のある人の場合には、直接その人を観察して、経験から予測して調整していくというのが、最良だと言えます。
 まずは患者さんの言葉をよく聞いて、そこから口の中をドクターとともに観察して、これまでの経験から予測を立てて、違和感の少ない形やデザインに修正していくのです。
 この作業を何度も繰り返せば、おのずと快適な入れ歯に近づいていきます。

 このように、入れ歯の審美的な部分や形・デザインの問題などにすぐに対処できるというのことが、歯科医院に入れ歯専門の歯科技工士がいるメリットだと思います。
 他にも、ちょっと入れ歯を落として割ってしまった、ぶつけて欠けさせてしまった時の簡単な修理・修正とか、グラグラしていた歯が1本抜けてしまったので、歯を追加してほしいという時にも、歯科技工士がいれば約1~2時間でそれらの作業は終えられます。
 その日のうちに、数時間できれいに修理・修正できますので、いざと言う時でも安心していただけるかと思います。



◀前ページ l 次ページ▶「入れ歯なんて恥ずかしいと思っている方」 「普通の歯医者さんで入れ歯がうまくいかない理由」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索