目次一覧へ
 上のアゴにくっついている入れ歯のことで、患者さんからもどうやってとめているのか?と聞かれることがたまにあります。上の入れ歯は、上のアゴの歯ぐき全体に吸盤でくっつけるような状況で止まっています。上アゴはだ液でぬれているので、その水分の表面張力と、空気が抜けた際の陰圧でハグキにくっつけているのです。顕微鏡の実験の時に、透明のガラスに液をたらして上からさらに小さな薄いガラスをのせると、その小さなガラスはくっついてとれないようになる、あの状態です。これを歯科では吸着と言います。

 患者さんのアゴの形によって差はありますが、しっかり型どりできた入れ歯ならば、かなりの強さでアゴにくっつきます。ちょっとやそっと動かしても取れないくらいの強さの人も多いです。

 総入れ歯の患者さんの場合には、このような吸着という力でハグキに入れ歯をくっつけますが、総入れ歯ではなく、部分入れ歯の患者さんの場合には、残っている歯に負担をかけて、入れ歯を引っかけてとめるようにします。これには残っている歯が丈夫でしっかりしていることが大切で、しかも歯ができるだけ残っているほうが、しっかりと入れ歯をとめることができます。また残っている歯がすごく少なく数本の患者さんの場合でも、残っている位置によっては、非常にうまくとめることが可能となります。

 反対に、残っている歯が少なく一部分に偏っていたり、歯があまり強い状態ではない場合には、歯に負担をかける力と、ハグキにくっつける力の両方の力で、何とかとめる方法をとります。歯がグラグラ動くくらいの状態であれば、入れ歯も動いてしまうので多少使いづらいかもしれませんが、そのような状態でも入れ歯とうまく付き合って、使っている患者さんはたくさんいます。最終的には総入れ歯になる時も来るかと思いますが、自分の歯をできるだけ残したいというお気持ちも理解できますので、その患者さんの思いに合わせた入れ歯が作れたら一番いいかと思っています。



◀前ページ l 次ページ▶「入れ歯は1mm以内の調整
差し歯は0.3~0.5mm以内の調整」
 「吸い付く下の入れ歯」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索