目次一覧へ
 インプラントされている歯でも、当然入れ歯は作れます。

 インプランに何の問題もなければ、むしろインプラントは強いですから、入れ歯の維持には向いています。
 ただ一般的にインプラントは横揺れに弱いと考えられていますので、バネの引っかけのようなもので強くインプラントに入れ歯の負担をさせてはいけません。
 必要以上の力をかけずに、うまく入れ歯の維持に使っていけたらいいかと思います。

 インプラントされた歯で注意しないといけないのは、インプラントはかみ合わせが非常に強いので、入れ歯とかみ合う部分はどうしても入れ歯が弱く感じられます。
 長年強くかみ合っていると、入れ歯のかみ合う面がどうしても通常よりもすり減りやすくなります。ですから普通の方よりも入れ歯の人工の歯の交換時期が早くなる可能性はあるかと思います。
 ですが、入れ歯というのは非常に安全な治療方法のひとつでもありますし、入れ歯さえ修理・修正すれば長年快適に利用できるわけですから、あまり心配されなくてもいいかと思われます。

 あとはインプラントされた歯よりも、残っている天然のご自身の歯の状態がとても大切になるかと思います。入れ歯は何度でも作り代えられますが、インプラントや天然の歯は、二度と作り代えられません。
 口の中に、インプラントと天然の歯と入れ歯が混在しますので、その全体のバランスを考えて作り上げ、仕上がってからも定期的なメンテナンスを必ず行って管理していく必要があると思います。



◀前ページ l 次ページ▶「吸い付く下の入れ歯」 「入れ歯だけ作って、ケアや治療は
近所の歯医者でも良いか」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索