目次一覧へ
 長年使ってこられた入れ歯には、新調した入れ歯はかなわない時があります。

 新しい入れ歯を作りたいということで来院されて、入れ歯を新調しても、なかなか慣れない患者さんもいらっしゃいます。それまで何十年も同じ入れ歯を使用されていた患者さんの場合にたまにそういうことがございます。

 新しく作る入れ歯は、以前のものよりもいろいろな点で改良して良い入れ歯に仕上げているつもりなのですが、何十年も口の中に入って、使い慣れてきた入れ歯には感覚的な面でなかなかかなわないのです。そのような場合には、以前の入れ歯をお手本にして新たに作り直しです。

 入れ歯専門の技工士としては、少しくやしい気もしますが、患者さんの口に嫌われたのですから、仕方がありません。
 ただ、新調した入れ歯は人工の歯の部分は新品ですので、以前のすり減った歯の入れ歯よりも、食べ物はよくかみくだくことができるかと思います。



◀前ページ l 次ページ▶「入れ歯に向いた人」 「1度目にうまくできた入れ歯」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索