目次一覧へ
 1度目の入れ歯を作りまして、それにすぐに慣れて、なかなか使いやすくなってきた場合に、治療するべき歯が何カ所かあり、その治療を終えると、当医院では、新たに入れ歯を作り直します。当然型どりからはじめて、1度目の入れ歯を踏まえて、2度目の入れ歯を作るのですが、治療した所が少し大きいと、それらの影響でなんだか1度目の入れ歯とは違った感じだという患者さんがいらっしゃいます。

 1度目に作った入れ歯と、ほとんど同じ様に同じ人間が作っているにもかかわらず、入れ歯というのは、微妙に違ってしまいます。「全く同じ型どりは2度とできない」と言われるように、「全く同じ入れ歯は2つ作れない」ということです。入れ歯は作るだけではなく、セットされた後の細かい調整が1人1人毎回違ってきます。そのすべてをコピーして、そっくりな入れ歯に仕上げるというのは、なかなかできないのです。
 1度目より2度目の入れ歯を患者さんに喜んでもらえるように、がんばって作るのですが、そうならない場合も時にございます。

 そのままで終わりにできないので、もう一度作り直すのですが、「1度目の入れ歯はかなり良かった」という患者さんの強い思いといいますか、良かった感覚にはなかなか到達できないケースも残念ながらあります。治療がなければそのまま終えて快適だったとも考えられますが、治療をしないでいたらいずれ歯がダメになり、その後今よりもっと良くない入れ歯になる可能性は高いので、治療を優先して入れ歯を作り直すというのが、通常だと思っています。



◀前ページ l 次ページ▶「長年使ってこられた入れ歯」 「2回目作った入れ歯の方が良い入れ歯」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索