目次一覧へ
 20代の方でも入れ歯の方はいらっしゃいます。大きな症例の方はさすがに少ないですが、1本~数本の入れ歯の患者さんは結構いらっしゃいます。まだお若いので入れ歯ではなくブリッジやインプラントを好まれる人もいますが、さまざまな問題点をお話しすると、まずは入れ歯をやってみるという考えになる人も多いです。

 それで入れ歯を試してみてダメな人は、だいたいブリッジを選ばれています。

 入れ歯の一番の欠点は、異物感があることです。特に前歯の場合には話すときに舌があたりますので、イヤだという人も多いです。でも試しにやってみると、それほど異物感を感じなくて、「これくらいだったら大丈夫です。隣の歯を削るよりもぜんぜんいいです。」という人も結構います。

 入れ歯は実際にやってみないとなかなかわかりません。人によって口の中の感覚はちがうので、個人差がかなりあります。

 中には20代で総入れ歯の人も過去にいました。子供の頃から歯みがきをほとんどしなかったとおっしゃっていましたが、歯が虫歯のために根の部分までなくなっているような状態でした。20代なので、あごの骨はしっかりとありますから、入れ歯は案外うまく作れましたが、入れ歯を入れた後の悪い根や歯を抜く治療でドクターがかなり苦労されたようです。ぼろぼろになった歯を抜くのはとても大変だそうです。

 入れ歯の技工士としましては、ブリッジよりも入れ歯にしてほしいという気持ちはありますが、どちらいいかは患者さんが体験して決めるのが一番だと思います。1~2本まで歯が抜けただけならばブリッジもできますが、それ以上だとブリッジも危険なので、早め早めの治療をおすすめします。

 当医院で入れ歯の大変さを生まれてはじめて体験されたお若い人の多くが、これからは入れ歯にならないように、頑張って歯みがきをしますと言われます。自分の歯というものがどれくらい大切なものであるかを知っていただける良い機会になったとも思いますので、一度入れ歯をやってみるというのは、なかなか貴重な体験だと思われます。



◀前ページ l 次ページ▶「運動やスポーツをしている患者さん」 「30代で入れ歯」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索