目次一覧へ
 40代以上になりますと、歯周病の人が非常に多くなります。そのためグラグラの歯の状態で来院されて、入れ歯にしないといけないか、歯周病を治す治療方法があるか、お聞きになる方が多いです。

 当医院の院長はまず歯周病のケアである程度治せそうな場合には、歯周病のケアからはじめます。そしてそれでは難しく、治療や歯を抜くことをしなくてはいけない時に、まず入れ歯を作ってから、その後に歯の治療に入ります。順序立てて、一つ一つ階段をのぼっていくように治療していくのが、結果的には一番早い道であると実感しています。

 ある程度大きな入れ歯の人の場合、歯周病にかかっていることがほとんどです。歯によって歯周病の強い弱いは異なりますので、横の歯に悪影響を及ぼすような歯周病の場合には、ドクターも早めに抜かれるかと思います。歯周病による影響を最小限に食い止めて、もうこれ以上歯を抜くことがないような状態にまでケアできるようになるのが、一番大切かと思われます。

 入れ歯に関しましては、まだ年齢が若いので、適応能力も高いですし、歯ぐきの状態が良い方が多いです。この年齢で入れ歯になることを嫌がる人もいますが、早くから入れ歯を使いこなせるようになることにメリットもあります。
 高齢になってあごの骨や歯ぐきも弱くなった状態ではじめて入れ歯をするのはかなり苦労します。不遇にも若くから入れ歯だったという患者さんとこれまで何人かお話をしましたが、意外に若い時から入れ歯の人の方が高齢になった現在でも快適に入れ歯を使っている人がいらっしゃいます。

 私の印象では、歯は無くても歯ぐきの山(あごの骨)が入れ歯を使い続けてきたことにより、逆にしっかりと存在しているのです。歯ぐきの山(あごの骨)は若い時から今でもあまり変わっていないようです。



◀前ページ l 次ページ▶「30代で入れ歯」 「50代以上で入れ歯」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索