目次一覧へ
 現在歯医者さんの多くが入れ歯ではなく、インプラントをすすめているかと思います。当医院を訪れる患者さんからもよくお話を聞きます。そのたびに、どうしてまず入れ歯にしないのかと疑問に思うのですが、自分の歯のように強く食べ物がかめるので患者さんも満足するということと、医院の売上もあがるということがおそらく2大理由だと思います。

 インプラントは直接あごの骨に埋め込むので強くかめると思います。また1本だけ歯が抜けている場合にブリッジだと前後の健康な歯を削らないといけないですが、インプラントはそのまま抜けた部分に打ち込むだけで済むからいいという考えもわかります。
 ですが、何よりも危険な部分が多いと思います。骨に直接ボルトを打ち込むということの危険度、そして打ち込んだ部分と歯ぐきの境目は一生涯いつも傷口のような状態のままであることです。例えて言えば、傷がふさがることはないのです。体の外と中をつないでいる部分の境目がずっと存在するというのは、医学的には非常に危険だと院長は言っています。
糖尿病の人の場合には基本的インプラントはできないというのは皆さんもご存じだと思います。自分の将来がどうなるかなんて誰にもわからないのに、目先の快適さだけで危険な治療を安易に選ぶのは、おすすめできません。その前に試してやってみる方法はもっとあるはずですから。

 インプラントを入れたすぐ後は快適だと思います。自分の歯とそれほどかわらないくらいかめるのでしょう。でもそれが一生涯続くとはかぎらないのです。将来的に何か問題があるようなことになったなら、その時はその時で我慢するという覚悟ができている方ならばいいかと思います。でも歯科医師としてまずすすめるべきなのは、将来的にも安心安全な治療ではないでしょうか。自分の子供や家族にも本当にその治療を第一にすすめられるのかどうか、そういう視点で考えていただきたいと思います。

 入れ歯は結構難しくて大変な治療ではありますが、真剣に取り組めば、非常に面白いですし、全体的なかみ合わせの考えなどもより深く知ることができるので、他の治療にも役に立つ価値あるものだと思います。ぜひ入れ歯治療をまずやっていただきたいと考えます。



◀前ページ l 次ページ▶「自由診療の入れ歯治療と保険診療との違い」 「入れ歯に使うプラスチックは何でできているのか」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索