目次一覧へ
 入れ歯に使う金属には、主にコバルトクロムという合金や、チタン合金、金合金などがあります。

 通常、コバルトクロム合金が多いかと思いますが、高価な金やチタンで作る患者さんもいらっしゃいます。金はご承知のように金属の中でも体に害が少ないと考えられていて、それはチタンも同じですが、金で作る入れ歯は非常に重く、チタンは反対に非常に軽いので、チタンを好まれる患者さんのほうがやはり多いです。上の入れ歯などは、重いと落ちやすさにもつながりますので、軽くて丈夫なチタンが一番おすすめです。

 一般的に使われているコバルトクロムという金属でも充分素晴らしい金属であり、丈夫で硬い金属です。コバルトに対するアレルギーなどがある患者さんの場合には当然使えないですが、多くの患者さんがこの金属で満足できる入れ歯を使っていらっしゃいます。

 金属でできた入れ歯は、当然長期間使えますし、丈夫で安定しています。プラスチックの入れ歯と比べますと、その厚みの薄さや強度は比べものにならないくらいとさえ言えます。ただ、あまり丈夫すぎて残っている歯に負担をかけ過ぎではいけないので、入れ歯全体の設計をよく考えて、バランスのいい入れ歯に仕上げなくてはなりません。うまく出来上がった金属の入れ歯は、食べ物を食べた時に力が加わっても、安定してたわまないですし、入れ歯ズレたり、動揺したりすることも非常に少ないと言えます。

 費用はかかりますが、できるならば入れ歯は最終的に金属の入れ歯にされるのがいいかと思います。長い年月、口の中を安定させて過ごせるというのは何ものにも代えがたいものだと思います。残っている歯を維持していくうえでも、入れ歯の安定は必要不可欠な要素です。



◀前ページ l 次ページ▶「入れ歯に使うプラスチックは何でできているのか」 「入れ歯に使う人工の歯は何でできているか」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索