目次一覧へ
 入れ歯には大きく分けて、プラスチックの入れ歯と金属製の入れ歯があります。

 保険診療で作る入れ歯は、プラスチックが中心で部分的に金属の引っかけが付いているというかたちがほとんどだと思います。それと自由診療で作る金属製の入れ歯はまた全然違うものでありまして、入れ歯の土台部分の多くが薄くて強い金属でできている入れ歯になります。

 金属の入れ歯とプラスチックの入れ歯の大きな違いは、耐久性と異物感だと思います。耐久性というのは、文字通り素材としての強さということ。そして、食事をする時に力強くかみますが、そのかむ力はすごい力でありまして、そのかむ力に耐える強度がプラスチックとは大違いだと言えます。

 プラスチックはどうしてもかむ時にたわみが大きいですので、力強くかみにくい場合があるかと思います。金属ならば余程のことがない限り、かんで入れ歯が壊れるようなこともないですし、変形する可能性も少ないです。プラスチックの入れ歯だと食べ物によって、入れ歯にひびが入ったり欠けたりすることもたまにあります。さまざま意味での耐久性の強さというのが金属製の入れ歯の特徴のひとつです。

 また異物感については、プラスチックの入れ歯の約3分の1~6分の1の厚みで入れ歯が作れますし、入れ歯の幅も細くすることができます。すると口の中でも邪魔にならないので、入れ歯を入れていることも忘れるくらい快適になるかもしれません。異物感の違いも金属とプラスチックではおそらく数倍の差があると思いますので、最終的な入れ歯としては、金属の入れ歯をおすすめしています。

 プラスチックの入れ歯が決して悪いということではないのですが、性能のうえでは明らかに差があると思っています。長期的な視野に立っても、金属製の入れ歯は口の中で安定していまして、いつまでもぴったりと合っている印象があります。プラスチックの入れ歯の場合には、年数とともに少しずつ変形もして合わなくなっていくように感じます。入れ歯がだんだんずれていくというのは良くないですから、逆に作り直しの期間が増えて、金額面にも労力面でも余計な負担になるかもしれないです。口の中がある程度健康な状態になったならば、金属製の入れ歯で最後に暮らしていただくのがより安定するかと思います。



◀前ページ l 次ページ▶「部分入れ歯と総入れ歯の違い」 「金属の入れ歯の金属部分は体に悪影響はないのか」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索