目次一覧へ
歯医者さんより詳しくなる入れ歯の話 よく患者さんから「入れ歯の上手な歯医者さんはどうやって探せばよいのですか?」という質問を受けます。
 「入れ歯の上手な歯医者さんは、中指に入れ歯だこがある」というような分りやすいしるしでもあればよいのですが、残念ながらプロの私たちでも見分けがつきません。

 医学は科学を利用するだけで、科学そのものではありません。その先生への信頼がなければ仮に正しい処置をしたとしても、まずその患者さんに上手いとは言われません。すなわち、必ずしもこうすればすべての症例でうまくいくなどということは、入れ歯治療にはないと思っていただいてよいと思います。

 では、どのような歯医者なら一般的に信頼できるかというと、いわゆる治療の上手な先生は、当たり前ですがトラブルが少ないです。これは自然にそうなっているわけではなく、常にトラブルを意識して治療しているからだと考えられます。

 ですから、トラブルになりそうな患者さんへの対応もうまいのです。初めの段階で、ある程度人柄や印象などで判断して、無理な治療に手を出さないことや、やんわりとお断りすることができる業を持っているのです。

 そして次に、医業を職業としても問題のない人間性が歯医者に備わっているかどうかということです。
可能でしたら、逆にその先生が説明や返答に困るような質問をあえて言ってみて、その反応や対応を見たらいいと思います。なかなかそんなことできないかもしれませんが、一つの判断材料にはなると思います。

 そして、きちんと説明できた、もしくは上手く切り抜けることができた先生は期待が持てるかもしれません。
例えば、私だったら、「先生は入れ歯ではないでしょうから、このつらさはわからないでしょうね」と聞いてみるかも知れませんね(入れ歯ではない先生にしか使えませんが)。

 それに対して気の利いた答えが返ってきたら、ダメ押しで「私は痛がりなので治療時間は充分に取っていただけますか」と質問します。「もちろんです」と即答してくれたら第一関門はクリアーです。間がある場合には各自その行間を読み取って判断してください(笑)。

 とにかくトラブルにどういう対処をしてくれそうか、患者さんの方からうまく仕掛けてみることが良い歯医者さんを探すきっかけになるかもしれません。ただし患者さんの方も決してけんかを売るような言い方をしないように気をつけてください。



◀前ページ l 次ページ▶
「 入れ歯の洗浄方法 」  「 入れ歯の寿命 」  

知って得する! 入れ歯の話

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索