目次一覧へ
入れ歯は異物

 入れ歯はあくまで異物であって、つけていて気持ちのいい入れ歯というものは残念ながらないと思います。犬や猫などの動物に入れ歯を入れたら、どんな名医が作ったものでもすぐに吐き出すでしょう。本来そのくらい入れ歯は不快なもののはずなのです。

 ところが人間には理性があり、社会生活で必要であるということと、かむための道具として必要であるということを理解しているから入れ歯をつけていられるのです。またその刺激が癌を引き起こす可能性すら否定は出来ません。

 入れ歯を含め、歯科治療は、利点と欠点を天秤にかけたとき利点の方が欠点をはるかに上回るため行っていると考えてください。そのため、患者さんの理解が無いと、うまくいかないものなのです。

 特に入れ歯の場合には異物感の強い人や、神経質すぎる人、面倒くさがりの人には欠点の方が大きくなるので、あまり向かないかもしれません。そのときにはブリッジやインプラントも選択肢に入れる必要がでてきます。快適さの絶対値から言えば、快適な入れ歯などありえない話で、もしそんなものがあれば、多くの人が歯を抜いて入れ歯にするでしょう。もちろんつけていることを忘れるくらい、良いものではあっても、それは正確には比較的快適なだけであると言うべきかもしれません。



◀前ページ l 次ページ▶「入れ歯に慣れるには」 「日本人に合わせた入れ歯」

入れ歯ガイド

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索