目次一覧へA.私が開発した、軽くて薄い快適な入れ歯です

 ディアレストは、私が歯科医になって12年目に開発したもので、母への親孝行としてこれまで見たどの入れ歯にも負けないくらい快適な入れ歯を作ろうという思いから、新たに考えて作った入れ歯です。

 金属床の入れ歯にもさまざまな種類がありますが、私が開発したディアレストはチタン合金という金属を使用していて、とにかく見た目が良く軽いことと、薄いことが特徴です(通常のチタン製よりさらに薄くなるよう工夫しております)。

 またチタンは人工関節や心臓の人工弁にも使われるくらい生体適合の良い材料でもありますから、安全な素材です。そして実際につけている患者さんの感想を聞くと、金属なのに、歯になじむような感覚があると言われます。また、ものを食べた時に、何ともいえないしなりがあると言う患者さんもいました。

 金属というと、硬くて重いようなイメージがありますが、チタン合金の金属製入れ歯(ディアレスト)はひと味違う金属床の入れ歯だと考えていただけたらよいかと思います。



◀前ページ l 次ページ▶      「 Q.金属床の入れ歯だと、   「 Q.どうして金属でないとダメなの? 」
金属の銀色が見えてしまうのでは? 」                    

「入れ歯治療の新発想」


カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索