目次一覧へ
 上の前歯が1本ないというのは、見た目の面で問題が大きいので、どんな治療をするのか、最も気にされる人が多いかと思います。入れ歯の他に、ブリッジやインプラントを考えられる人もいると思いますが、ここでは入れ歯にする場合の説明をさせていただきます。
 上の前歯1本の入れ歯の人は、結構いらっしゃいまして、入れ歯であっても快適に過ごされています。思い切り自分の歯のように、食べ物を何でもかむというようなことはできませんが、見た目を回復して、入れ歯とはわからないような入れ歯に作ることは可能です。
 入れ歯で過ごせるのならば、ブリッジやインプラントのような危険なリスクを負うこともないので、安全で清潔な治療法だと言えます。

●中央の歯(1番目の歯)がない人  
 真ん中の歯が歯の中では一番目立つ位置にありますので、見た目の審美的な要素も重要で、左右反対側の歯と同じ形や色の歯に修復するというのが基本になります。まずは、左右反対側の歯に近い形や色の人工の歯を選び出して、選んだ歯をもとに、プラスティックの入れ歯を製作します。
 ここではじめにプラスティックの入れ歯を作るのは、入れ歯自体がどうしても使えない場合もあるからです。前歯の部分は舌先がよく当たる部分でもありますので、前歯に入れ歯を入れても大丈夫かどうか、確認することが重要です。
 それでプラスティックの入れ歯で問題がない場合には、さらに違和感の少ない薄くて小さな金属の入れ歯にして、より質の高い入れ歯に変更することをおすすめしています。
 現在では、入れ歯とはわからない、見た目のいい入れ歯が作れますので、安心していただけたらいいかと思います。

●中央の横の歯(2番目の歯)  
 真ん中の歯よりも少し小さい歯になり、側切歯と言いますが、これも前歯で目立つ位置にあります。ただこの歯は、左右きっちりと歯並びを整えなくてもよく、多少歯並びを変化させても面白い歯なので、大きさや形・色が合っていれば、アレンジして歯を並べることも可能です。
 真ん中の歯よりも小さいので、入れ歯も小さく、違和感も多少少ないかと思います。この歯の入れ歯も、はじめはプラスティックで作り、問題なければ最終的により快適な金属製の入れ歯がいいかと思います。

●犬歯(糸切り歯、3番目の歯)  
 八重歯とも言われ、女性でたまに若い頃の八重歯を再現したいという人もいらっしゃいまして、歯の中では最も根が長い歯で、かなりしっかりした歯であります。
 この歯はかみ合わせにも影響が大きい歯になります。前歯から奥歯に変わっていく途中の位置にある歯なので、非常に大切な歯で、入れ歯を固定するために、あるいは入れ歯がハグキに食い込まないように支点としてよく使われる歯でもあります。根が長いので、この歯だけが抜けるという症例は少なく、前後の歯も抜けているという状態が多いかと思われます。
 ですので、この歯1本の入れ歯というのはほとんどないですが、他の前歯と同じく、まずはプラスティックの入れ歯を作り、その後に金属製の入れ歯に作り替えるという方法が、一番失敗なくスムーズに治療がすすむだろうと思います。


次ページ▶
「 下の前歯の部分に、1本の入れ歯 」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索