あきらめない入れ歯

なぜ、入れ歯で苦労する人が多いのでしょうか。
それはどんな入れ歯が患者さんに合うのか、しっかりと確認できていないからです。

院長は、どなたにも満足していただける最善の部分入れ歯や総入れ歯を作りたいと研究を重ね、患者さんお一人ひとりの入れ歯を調整し、その方に合うようにカスタムアップ(カスタマイズ)することを繰り返してきました。その結果、その方にとって最善の入れ歯は個人によって異なること、そして従来は難しいとされていたことや、一般的に無理だと言われている設計でも患者さんに合わせて試してみると、成功する場合が少なくないこともわかりました。

良い入れ歯は、落ちない・動かないギリギリの限界点がポイントあきらめない入れ歯
入れ歯は、「落ちない・動かないギリギリのところ」で使いこなせるものが良いのです。つまり、きつくもなく、ゆるくもない絶妙な限界点を探す必要があります。それはとても微妙な調整になるので、1回や2回ではできません。当院では、きめ細かな調整を繰り返し、入れ歯の機能性や快適性の絶妙なバランスを実現し、その人に合う良い入れ歯を作り上げています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索