むし歯になって歯が強く痛み、温かいものまでしみる段階になると神経を取る治療を行います。この神経を取る処置に不手際があると、むし歯や歯の根の部分に膿が溜まり病巣が進行しやすく、数年で抜歯となることもあります。また神経をとってもむし歯が再発し進行することもあります。この場合、痛みがないことも多いので注意が必要です。

当院では、神経を取る根管治療を徹底的に行うことにより、再発を防ぎ歯を長持ちさせる度合いを格段に向上させたいと考えています。

直接覆髄も行っています
当院では、歯を守る観点から直接覆髄治療を導入しています。歯髄(神経)近くまで進行した重度のむし歯に対して歯髄を保存するために、歯髄の露出部を封鎖(直接覆髄)し歯髄の炎症を防ぐ方法です。この治療により、神経をとらずに歯を守ることができる可能性が高まります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索