« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2016年2月20日

難しい歯並びの入れ歯が増えています

通常、歯科技工士は入れ歯の歯を並べるとき、教科書通りといいますか、入れ歯として並びがきれいに見える並び方を行います。

しかし、そうすると、どうしても平面的で画一的な感じがして、いかにも入れ歯をしているように見える場合があります。


こういう整列されたきれいな歯並びがお好みの患者さんは、そのままシンメトリーな歯並びで仕上げさせていただいています。


そして、そうではなく、もう少し自然の歯に見えるように並べてほしいと言われる患者さんには、少しづつ微妙にズラしたりして、その患者さんの口元を見たイメージを頭の中に残しながら、少し左右で違ったイメージだけれど、全体的にはきれいな歯並びになっている、という感じで並べています。

中には、もっと歯並びを乱して、入り組んでいるほうが自然の歯のように見えるので、そのほうがいいという患者さんもたまにいらっしゃいますが、多くの患者さんは、「きれいに」と「自然に」の2つのバランスをかねそなえた歯並びを選ばれます。


ただ最近では、歯周病がひどかったのか、あごの骨が極端に少ない患者さんや、歯周病で歯が動くために残っているご自身の歯がゆがんで並んでいる患者さんも数多いので、入れ歯としての歯並びも簡単には並ばなくなっています。


残っているご自身の歯とのバランスを考えながら、なおかつ、くちびるや頬のはり方なども予想して、丁寧に並べていかなくては、口の中に実際に入れたときに、喜んでもらえるような歯並びになりません。
入れ歯専門の技工士としてましては、一番緊張する瞬間でもあります。

難しい歯並びを解決して、患者さんに納得してもらえたときには、このうえなくうれしく、またひとつ鍛えていただいたと思い、日々精進していますが、難しい歯並びの人が増加しているように、なんとなく思います。

Google +1
2016年2月12日

入れ歯にするか、ブリッジにするか、確認することが大切②

入れ歯か、ブリッジか、どちらか悩まれる患者さんは、非常に多いです。

いろいろなサイトでも書かれていますが、入れ歯とブリッジには、それぞれに、メリットとデメリットがあります。

簡単にいくつかあげますと、
入れ歯は歯の部分だけではなく、ハグキの部分もありますので、どうしても異物感が出て、食べにくい・しゃべりにくい・装着していて嫌だ・見た目が悪いと言われることがあります。
また、ブリッジよりも、かむ力が弱いので、食べ物を強くかみたい人には向かないかもしれません。

反対に、他の歯を削ってセメントで固定するようなことはないので、他の歯は守られます。
また入れ歯をはずしたら、歯みがきがしやすいので、清掃性は良いです。

ブリッジはというと、1本の歯を支えるために、前後の歯を削ってから、3本のブリッジをかぶせるというのが、よくあるブリッジの症例です。

健康な歯を2本削らないといけないのは、やはりもったいない気もします。
すでに治療されていたり、大きな虫歯になっていて治療が必要であれば、同時にきれいになると思いますが、全く健康な歯をわざわざ2本も大きく削ってブリッジにするのは、将来的に削った歯は悪くなる可能性もありますので、リスクが高いと言えます。

反対に、ブリッジになってもきれいに歯みがき管理されて、いつもきれいな状態で維持できるのであれば、異物感もなく、もともとの自分の歯のように快適に過ごせますし、固い食べ物でもしっかりかめて、かみ合わせの変化も少ないので、とても安定していいと思います。


入れ歯にもブリッジにも、甲乙つけがたいメリット・デメリットがありますが、ご自身で最終形態に近いものを実際に体験して使われてから、最終的に判断していただくという以外に方法はないと思います。

そこまでやっておけば、納得されるでしょうし、その後、他の歯が悪くなった際にも、適切な方法で取り組むことができるかと思います。


イメージや頭の中で考えることも大切だと思いますが、実際に経験するというのが何より一番のようです。
「思っていたよりも。。。。」という感想は非常に多いですから。

Google +1
2016年2月 1日

ドクターと技工士の関係:プライベート歯科 横濱 神藤

こんにちは!
歯科助手の神藤です^^


一昨日の仕事終わり、仲良くしている院長と技工士を発見!
あまりブログを更新できていなかったので、ブログ用に盗撮しておきました(笑)
許可されなかったのですが、気にせず載せておきますね。
院長と技工士は仲良し

歯医者さんと技工士さんの関係でセットするものの
出来栄えが変わることはご存じですか?
もちろん、歯医者さんも技工士さんもお互いを
完璧に理解し合っていれば問題ないと思います。
しかし、完璧は無理ですよね。

ざっくりと分かりやすくお伝えするなら、
歯医者さんは、口腔内の1本1本の歯を診ています。
技工士さんは、型の全体で歯を捉えています。

口腔内で気付けるのに、型では分からない。
型では気付けるのに、口腔内では分からない。
そんなことが、結構あるのです。
なので、良いものを作るにはお互いの状況を確認し合う必要があります。
しかし、一般的な歯医者さんで技工士さんが常駐している医院はどれくらいでしょうか?
残念なことに、あまりありませんよね。
また、技工士さんが歯医者さんに意見を言える環境もあまりありません。
作り手からしたら、こういう型が欲しい!ってあるはずですよね。
歯医者さんは物を作っていないので、これで大丈夫だと思ってしまうことが多々あります。
なのに、それが伝えることができなかったら...
型以上の物が作れないことは誰でも分かることです。

当院でも、たまに型が上手くいっていないときがあります。
ですが、当院の院長と技工士さんは仲良しなので
「ちょっと気になる」を伝え合うことができています。
もちろん、直接言いにくい場合は私が間に入ることもありますが、
私も院長や技工士さんにお願いして伝えてもらっている事も結構あります(笑)

転職して、歯科業界に入りましたが、
どんなお仕事でもホウレンソウが重要ですね^^

Google +1

プライベート歯科横濱
院長 脇田一慶

院長 脇田一慶

医院サイト:
http://www.ireba-yokohama.com/

入れ歯治療は、歯科治療の多様な診療技術が盛り込まれた、いわば歯科治療の真髄ともいうべき分野です。私は、研究者として入れ歯や歯科治療について知り尽くしていると自負し、将来を見据えた価値のある入れ歯治療に取り組み、現在も日々研鑽し学び続け、常に最善の治療をご提供できるように努力しています。

Google +1