目次一覧へ
 入れ歯を長年使っていますと、入れ歯のかみ合わせは当初の高さよりもだんだんと低くなっていきます。
 これはかみ合わせの面がほんの少しずつですが、すり減って行くためです。
 だいたい3年以上すれば、皆さん人工の歯が丸くなっていたり、明らかにすり減って短くなっています。
 特にかみ合わせが強い患者さんの場合には、1年くらいでかなりすりへる人もいます。

 こんな場合には、新しく入れ歯を作り直すのではなく、人工の歯の部分だけ入れ替えればいいのです。
 入れ歯の大きさにより半日~丸1日かかるかもしれませんが、技工士がいればそのくらいの時間で修正できるかと思います。よくたとえ話で言われますが、人工の歯の交換は、自動車のタイヤ交換と思ってくださいということです。
 入れ歯の本体自体は、何の問題もないわけですから、あえて新しい入れ歯を作らなくても、修正が必要な部分だけを交換したらいいのです。

 使い慣れた入れ歯に勝るものはございません。
 新しく入れ歯を作っても、その入れ歯に慣れていくのは大変な苦労がいります。特にご高齢の患者さんの場合には適応していけないかもしれませんから、不必要に新しい入れ歯を作るのはおすすめできません。
 今使っている入れ歯をできる限り維持して快適にしていく方法を考えたほうが得策だと思います。

 人工の歯を新たに交換した場合には、やはり何度かの調整は必要になってくるかと思います。この調整を丁寧にしていかないと入れ歯全体が変わってしまうかもしれないので、安定するまで何度も通ってみてください。丸くなった人工の歯よりも少し歯の面が鋭くなっているかと思いますので、食べ物は以前よりかみやすいですと言われることが多いです。



◀前ページ l 次ページ▶「 かんだ時に痛い入れ歯 」 「 繊維質の食べ物がかみにくい入れ歯 」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索