目次一覧へ
 残っている左右の歯の状態にもよるでしょうが、入れ歯かブリッジかのどちらかの選択になるかと思います。実際の歯の状態を見ないと、どちらとも言えないというのが正直なところです。

 ブリッジの場合には、左右の歯を大きく削らなくてはなりません。
 健康な歯を大きく削るというのは嫌ですし、歯にとって良いことではありません。もし左右の歯が治療されてかぶせ物であったり、虫歯がかなり大きい場合などでしたら、治療するとともに、3本のブリッジにすればいいでしょう。
 でもそうではなく全く健康な歯でしたら、はじめからブリッジを選択しなくてもいいのではないかと思います。

 その場合には、まずただ型どりをして作れる1本の入れ歯を試してみたらいいと思います。前歯の入れ歯は、話す時に舌が触れるので奥歯よりも異物感が大きいかもしれないですが、若い人でも入れ歯を使っている患者さんは結構いらっしゃいます。
 慣れてしまえば、メガネや腕時計のように付けていても気にならなくなるようです。

 入れ歯を試して、入れ歯がどうしてもダメな場合には、次にブリッジを選ばれたらいいと思います。ブリッジにしてから入れ歯はできないですが、入れ歯を試してみてからブリッジにすることはできます。
 今では保険診療で作る入れ歯のような針金のバネのようなものがない、審美的に非常に見た目のいい入れ歯が作れますので、ぜひ試してほしいと思います。色も形も素敵で、とても入れ歯とは思えないようなものも製作できます。



◀前ページ l 次ページ▶「奥歯は何本抜けたら入れ歯を入れるべきか」 「一度に歯を抜くのは問題ないか」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索