目次一覧へ
 ブリッジは自分の歯とそれほど変わらないという意味で非常に優れものであります。
 おそらく異物感もなくこれまで通りの生活を快適に過ごせるだろうと思います。
 
 ただし、いくつかブリッジの良くない点をあげますと、まず前後の歯を削らなければならないということ。前後の歯が何らかの治療をすでにされているようでしたら納得できそうですが、健康な自分の歯をわざわざ削る必要があるのか?という疑問があります。
そして、3本以上歯がつながると複雑な形になりますので、結果、歯磨きがどうしてもやりづらくなります。すると、虫歯や歯周病などになりやすくなるので、悪くなりやすいということにつながります。
 あとは、そもそも1本1本独立して生えている歯をつなぐということでの影響がないか、仮歯で長期間、経過観察してから作らないと、いきなりブリッジを作るのはリスクが高いという点です。

 若い年齢の人の場合には、スポーツなど活動的に動きますので、入れ歯では生活しづらい面もあり、ブリッジにする傾向は多いと思いますが、しっかりと歯のケアをしていかないと、今度は3本とも歯が抜けた場合には、またブリッジというわけにはいかなくなりますので注意が必要です。

 入れ歯の場合には、歯が悪くなるような問題は最も少なく、むしろ入れ歯ははずせますので、前後の歯もきれいに清掃できます。
 かみ合わせと歯ぐきの管理を定期的にきっちりやっておけば、あまり心配することはありません。ただ入れ歯の良くない点は、やはりその異物感です。
 入れ歯はどうしても歯の部分だけではなく、歯をつなげる土台(床)部分がありますので、できるだけ薄く作ったとしても、舌にはあたりますから異物感が生じます。また何かモノをはめているという感覚もはじめは大きいと思います。

 時間が経過すると、例えば腕時計やメガネもほとんどつけていることを意識しなくなるように、入れ歯もつけているのを忘れるくらいになるかと思います。
 入れ歯は、前後の歯を削ったりしないので、リスクが非常に少ないのですが、入れ歯を朝晩出し入れして洗浄しないといけないこと、場所によっては食べている時にはずれる場合もあることなど、異物感に関するデメリットがあります。
 この異物感をあまり気にしない人や、慣れて適応しやすい人にはぜひ入れ歯をおすすめします。入れ歯でも充分快適な日常生活が送れますので、ぜひ試してみてください。


◀前ページ l 次ページ▶「インプラントか、入れ歯か悩んでいる人」 「入れ歯の歯並びについて」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索