目次一覧へ
 入れ歯をされている患者さんからよく聞く質問の一つに、寝る時には入れ歯ははずしておくべきか、つけておくべきか、というものがあります。答えは、人それぞれです、というのが正直なところなのですが、入れ歯を入れておいたほうがいい症例はいくつかございます。

 それは、かなりご高齢になられた患者さんの場合に、夜中にトイレに行かれる際に、入れ歯をいれていないと平衡感覚を失ってころんでしまう場合があるので、付けて寝てくださいとお伝えしています。また残っている歯が数本あり、飛び石のように離れて残っている場合に、夜中寝ているときに歯ぎしりなどで強くかむようなことがありますと、その歯が強く動かされまして、早々にグラグラ動き出すかもしれません。ですので、残った歯を守るという意味で寝る時も入れ歯を入れてくださいとお伝えする場合もあります。

 寝ている時は口が乾くのに、さらに入れ歯を入れるとなおさら口が乾燥するので嫌だというご意見もありますが、残った歯を守ることと、入れ歯を入れずに立ち上がって腰がぬけてしまうようなことも考えられますので、それよりも入れ歯を入れるのに慣れていただいたほうがいいかと考えております。

 しかし、どうしても入れ歯を入れたら眠れない場合や、精神的に強く苦痛を感じるという場合には、睡眠の方が体全体にとって大切ですから、その場合には、睡眠をとることを最優先にしていただきたいと思います。入れ歯のために体が悪くなっては本末転倒ですから、まずは睡眠を第一に考えていただいて、次に歯を守るというスタンスでいいかと思います。



◀前ページ l 次ページ▶「入れ歯が入りにくい」 「保険の入れ歯はダメだったけど、
自由診療ならうまくいくか」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索