目次一覧へ
 これは一概には言えません。必ずしも自由診療でうまくいくとは限らないです。
 ただ、自由診療でしたら、その患者さんに合わせたやり方で入れ歯を作れますし、調整も何度もできますので、うまくいく可能性は高いと思います。

 保険診療での入れ歯治療は、あくまで失った歯の部分を補うことが中心の治療ですので、入れ歯を快適にするための治療ではありません。機能的にも審美的にも最低限入れ歯に必要な作用を与えるだけで十分であって、それ以上を求めて製作するものではないのです。

 ごく簡単に言いますと、完全オーダーメイドの入れ歯作りではなく、既製品の入れ歯作りとでも言いましょうか。
 治療の仕方や作り方が保険制度により決められてしまっているのです。そのような意味で、患者さん個人に合わせたぴったりの入れ歯を作るというのは、非常に難しくなると思います。

 ただ、保険診療で何度入れ歯を作っても、ドクターから難しいと言われている人や、たくさんの歯科医院でも難しかった人というのは、自由診療専門の医院で入れ歯を作っても難しいことは変わらないと思います。
 でも難しいですが、専門的に取り組んでいる技術や経験がありますし、患者さんの症状に合わせて、自由な発想で臨機応変に入れ歯を作ることができますので、なんとかして成功にみちびく努力をされるでしょうから結果が良くなるということは想像できるのではないかと思います。
 非常に難しい難症例と考えられる患者さんの場合、もともとの自分の歯と変わらないくらい快適に入れ歯が使えるようになるというのは正直難しいと思いますが、一日中付けていても苦ではなく、食べ物を食べられて、見た目にも問題のない入れ歯であれば、可能性は十分にあると予想します。時間・期間、通う回数も努力もかなり必要だと思いますが、必ず良くなると信じて通院していただきたいですし、またわれわれ専門家はその患者さんのための努力を最大限にしなければ解決できないと思います。

 難症例ではなく、普通よりも少し難しいくらいの患者さんであれば、保険診療ではなかなか満足行かなかったけれど、当院に来ていただいて、自由診療の入れ歯を作ってから、かなり良くなったというお言葉はよくいただいています。患者さんからそういう感謝の言葉もいただけますが、逆にこちらとしましても、作らせていただいてありがたいという思いです。



◀前ページ l 次ページ▶「夜中入れ歯ははずすか、つけるか」 「自由診療で作ってもうまくいかない入れ歯」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索