目次一覧へ
 病院であったり、老人ホームなどの集団で生活されている患者さんの場合に、入れ歯の洗浄を施設のスタッフや他の人に頼むときがあります。
 その時、数人の患者さんの入れ歯をまとめて洗浄していたら、どの人の入れ歯が洗ったあとにわからなくなります。ですので、入れ歯のどこかにお名前を書いた小さなプレートなどをはじめから入れている入れ歯があります。

 これはそれほど難しい作業ではないのですが、患者さんのことをよく考えた良いアイデアの入れ歯だと思います。ご自宅で生活されている患者さんならば必要ないことですが、大勢で暮らしている人にとってはありがたいサービスだと思います。

 作業としましては、技工士が入れ歯の目立たない部分を少し削り出して、患者さんのお名前のプレートを入れて、またプラスチックで埋め込み、最後に研磨して元通りに仕上げるという感じです。時間的にも30分もかからないかと思いますが、多量になると、確かに大変かもしれません。

 保険診療の歯科医院でそのようなサービスをやっているかどうかは不明ですが、自由診療で入れ歯を作られていたら、ドクターに頼んでみてもいいかと思います。それほど費用はかからないでしょうし、作る前から依頼しておけば、無料でやっていただけるかもしれません。

 入れ歯は1人1人完全オリジナルですから、2つと同じ入れ歯はないのですが、パッと見て誰でもわかるように名前を入れるというのは本当に良いアイデアだと思います。



◀前ページ l 次ページ▶「TPOに合わせた入れ歯」 「入れ歯の修理①」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索