目次一覧へ
 50代以上になられますと、入れ歯の対象になる患者さんはかなりいます。

 歯そのものは50年以上保ってきているので問題ないのですが、歯周病が原因で歯を失っている方がほとんどです。歯のまわりのケアさえうまくされていたら、ずっと残っているはずの歯なので、もったいないのですが、かなりグラグラになった状態では、残っている歯に逆に悪影響になる場合もあるようで、抜いて入れ歯にするというのが最善の選択と考えられることも多いです。
 当医院の院長は、平均年齢を基準にしまして、50代~60代の人では、まだこれから30年~40年の年月がありますので、リスクの高い治療はやめて、入れ歯でしっかり食べられるようにしていく方法をおすすめしています。

 入れ歯にはいくつか大きなメリットがあります。
 天然の歯やインプラントの歯は、磨きにくい部分もきれいにしないといけないですし、なかなか素人の歯磨きで本当にきれいに磨けているかと言えばそうではないことも多いでしょう。
 それに対して、入れ歯は外に出して洗えますので、まず入れ歯自体をきれいに洗えます。そして次に入れ歯をはずしたら、残っている歯も非常に洗いやすくなります。
 洗うという面ではこんなに単純で便利なことはないのです。しかもきれいに洗えますから残っている歯も長持ちしやすいのです。

 とうとう入れ歯になってしまったという残念な気持ちもあるかと思いますが、入れ歯専門の技工士としましては、前向きに入れ歯で快適な生活ができるように取り組んでいただけたらうれしいです。一生懸命、最善の入れ歯を作るように努力しますので、ぜひ入れ歯での生活も好意的に考えて試していただきたいと思います。



◀前ページ l 次ページ▶「40代で入れ歯」 「入れ歯人口2,900万人時代」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索