目次一覧へ
 2011年時点であくまで予測ですが、何らかの部分入れ歯・総入れ歯を入れている人の数が2,900万人いるそうです。
 約3千万人とみると、4人に1人が入れ歯を入れている状態です。実感としては、そんなにも入れ歯の人がいるとは思えないのですが、かなりの人数になっているのは確かだということです。

 それで本当に良い入れ歯で満足されて過ごしていればいいと思うのですが、入れ歯で悩まれている患者さんはたくさんいらっしゃいます。入れ歯は保険でも作れて、保険の入れ歯でも十分満足されている人も多いですが、専門の技工士から言いますと、もっと良い入れ歯にすることができないかという思いはぬぐえません。
 保険の入れ歯はいわば既製品であり、決められたことしかできないので、自由に患者さんに合わせて作っていくということができません。それでは患者さんが満足する快適な入れ歯にはならないのです。

 保険はそもそも失った歯の部分をおぎなうというだけの入れ歯作りであって、快適な入れ歯作りというものではないのです。無い部分を追加しただけで、それがうまく機能するかどうか、審美的にもきれいか、入れ歯だと感じないくらいに異物感が少ないかなど、問題にしていないのです。

 そのようなことから、私は現状では保険ではなく自由診療で、しかも専門的に入れ歯を取り扱っている歯科医院で入れ歯を作られるのが一番いいかと思います。そして専門の歯科技工士も常駐していたなら、なお安心だと思います。



◀前ページ l 次ページ▶「50代以上で入れ歯」 「失いやすい歯って、どこの歯?」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索