目次一覧へ
 新しい金属床入れ歯(ディアレスト)が成功かどうかは、次の3つがそのガイドラインになります。

①1年間メンテナンスのみで使用できたかどうか
②1年間、歯に変化がないかどうか
③ 年前の状態と使用感が変わらないかどうか

 まとめると、「次の1年も同じ条件で使っていけるかどうか」ということが基準です。

 患者さんに「これは何年くらい持ちますか?」と聞かれますが、体は年々変化していきます。私としては1年ごとに経過を見ていくしかありません。「この1年が問題なければ、次の1年も問題ないはず」。この繰り返しが、みなさんの期待を裏切らないお答えになるのではないかと思います。ただこれではわかりにくいので、「今のところ3年使っている方が最長なのでその程度は問題はありません」とお答えするにとどめております。そして、定期的にメンテナンスに来院していただくことをおすすめします。

 人は機械ではありませんので、10年持つか20年持つかは、その人の生活をもっと知らないとそれぞれにお答えできないでしょう。

 ただし、これだけは覚えておいてください。入れ歯が使えなくなる原因は主に残っている歯のケアに最も左右されることを。そして残っている歯への負担が非常に少ないことも含めて、この新開発のディアレストは最高のデザインであることを。



◀前ページ l 次ページ▶  「 噛みやすく、薄く、軽い 新開発の金属製入れ歯   「 後悔しないための安心・安全治療の六つのお約束 」
「ディアレスト」 」            

「入れ歯治療の新発想」

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索