目次一覧へ
A.自由診療なら、良い入れ歯にできます

 今までずっと保険診療の入れ歯で過ごされてきたBさんは、「これまで人前で大きな口を開けて笑ったりしたことがありません」と言って、見た目の良い入れ歯ができないかを質問されました。

 私は自信を持って答えました。「私が開発した金属床入れ歯(ディアレスト)でしたら、きっとBさんに満足していただけると思います。しかもBさんは残っている歯がしっかりしていますので、そのままディアレストを作られても問題ないと思います」と。

 金属床入れ歯(ディアレスト)は、針金の引っ掛け(クラスプ)もないので、見た目がとてもよく、金属部分はチタン合金でできているので、薄く、軽いのが最大の特徴です。プラスチックの入れ歯である程度満足していた患者さんも、ディアレストに変えたとたん、「もう以前のプラスチックの入れ歯には戻れない」とよく言われます。

 Bさんも金属の入れ歯は初めてで、少し不安もあったみたいですが、「思い切って自由診療で良い入れ歯を作って良かった」と言っていただきました。



◀前ページ l 次ページ▶「 Q.「試せる入れ歯」とは、   「 Q.金属床の入れ歯だと、  
仮の入れ歯ということでしょうか? 」  金属の銀色が見えてしまうのでは? 」

「入れ歯治療の新発想」


カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索