目次一覧へA.もちろんです
  「試せる入れ歯」は、総入れ歯の状態を想定して設計することが基本ですので、
  総入れ歯であっても、問題なく、お作りいたします

 「試せる(総)入れ歯」は、特に難症例と言われている方にはおすすめです。歯が1本もないからこそ、保険診療で作るようなお決まりのパターンではなく、いろいろと試してみないとわからないことも、多いのです。

 例えば快適性ばかりを望んで、入れ歯を極端に軽くしたり、コンパクトにしてしまうと、使いものにならないこともあります。特に下の総入れ歯に関しては、重量感というのが必要な場合もあります。

 また、型をとる場合も、ギュッと圧をかけてとるより、フワッとやわらかくとった方が良い場合もあります。つまり私も試してみて判断がつくことも多いのです。

 総入れ歯というのは、保険診療の入れ歯と比べて、見た目になかなか差が出にくいものではありますが、細かい部分に手を抜かないよう丁寧に作れば、使ってみた時に大きな差になってわかると思います。



◀前ページ l 次ページ▶
 「 Q.今使っている上の入れ歯は調子がいい 」  「 Q.もし入れ歯にどうしても慣れなかったら 」

「入れ歯治療の新発想」


カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索