奥歯が抜けたままですが、大丈夫でしょうか。

プライベート歯科横濱 医院ブログ

横浜中区の入れ歯なら高品質な治療のプライベート歯科横濱

奥歯が抜けたままですが、大丈夫でしょうか。

入れ歯専門技工士の関戸です。

 

奥歯が1~2本抜けたままなのですが、このままで問題ないでしょうか。というご質問はよく言われます。

抜けた歯の位置がどこなのか?によりますし、かみ合わせた時のかんでいる歯の関係にもよりますが、基本的には何もしないでいいということはないと言えます。

 

特に一番奥の2本の大きな奥歯は、歯の中でも横綱や大関と言ってもいいくらい、非常に大切な歯になります。この歯がなくなるというのは非常に大きな問題で、左右のバランスも崩れやすくなりますし、それまで耐えてきた力を他の歯が負担しないといけなくなりますので、適正な処置をされることが一番だと思います。

 

さらに、抜けた歯の前後の歯まで、ダメになってしまうことがないように、何らかの治療を受けるというのが、一般的ではないかと考えます。

 

入れ歯専門技工士としましては、いきなりインプラントやブリッジをしてしまう前に、入れ歯を入れて使えるかどうか確認していただきたいと思います。

 

入れ歯は、単に型を取るだけで作れます。抜けた前後の歯を削ったり、加工したりすることはありません。保険診療の場合に、入れ歯を固定するために、健康な天然の歯をかなり削ってしまうことがままありますが、そのような処置をしなくても作れる入れ歯が今はありますので、歯が抜けたところにだけ入れ歯を入れて使ってみるというのが、一番リスクの少ない方法だと思います。

 

歯が抜けたところの、前後の歯を守っていくことはとても大切で、入れ歯の場合には、入れ歯をはずしてきれいにハミガキすることが可能となりますが、ブリッジやインプラントの場合、前後の歯をきれいに清掃するのは、それなりに難しいと考えられます。そうしてまた前後の歯がダメになることになってしまえば、さらに歯を失っていくことにつながりますので、どうしても入れ歯では嫌だという人でなければ、まずは入れ歯をうまく使っていかれるのが得策です。

 

これ以上悪くならないように、しっかりと設計された入れ歯を作って、清掃しやすいきれいな状態を維持しながら、毎日の生活を過ごしていただきたいと思います。

関連する記事

  • 入れ歯のメンテナンス2021年12月16日 入れ歯のメンテナンス 今年も残り2週間ほどになりましたが、コロナ下でありながらも、治療やメンテナンスにご来院くださいまして、ありがとうございます。 […]
  • 保険で作った入れ歯の具合がよくない。2019年12月12日 保険で作った入れ歯の具合がよくない。 技工士の関戸です。   当院に来院される患者さんのお悩みの中で、非常に多いのが、今使っている入れ歯の具合が […]
  • ビールがおいしい入れ歯2022年8月1日 ビールがおいしい入れ歯 技工士の関戸です。   先日、入れ歯のかみ合わせの調整をしている患者さんから、「ビールがうまくなったね。」 […]